なゐふるまちのこと

まちについて

日本のとある場所にある「なゐふるまち」。
昔から地震によって多くの被害を出してきました。

毎日どこかで地震が発生している日本。
1年間に1,000~2,000回程度の地震が起きていることをご存知でしょうか?
南海トラフ巨大地震の発生確率が70-80%に2019年に見直されるなど、巨大地震の切迫性も高まり地震への備えは急務です。

しかし、まちで暮らす人々は地震が来る度に意識を高めて様々な対策をしていますが、建物内部の被害は減っておらず、たびたび起こる大きな地震では、天井の落下や被害が繰り返し報告されています。それはまちの多くの人が、今の私たちと同じように建物内部の防災や外出先での避難のことをほとんど知らないからです。
そこで、私、防災野いずみが、これまであまり知られていない天井の視点から防災の情報をまちのみんなに伝えます。
専門家からの情報や見聞を広めた情報をコラムとして発信し、情報を知恵として備蓄してもらうことで、なゐふるまちで暮らす人々と一緒に、私たちも防災を考え直すきっかけをつくります。

☞なゐふる
日本書紀では「地震」のことを大地(なゐ)が震えることを意味して「なゐふる」と書かれています。古く「なゐふる」という言葉があるように、地震は昔も今も変わらずに発生しています。

案内人の紹介

はじめまして、「防災野いずみ」と申します✨

大学で建築学を学び、今は内装用鋼製下地材を製造する株式会社桐井製作所で働いています。
2級建築士の資格を取ったことで、それまで以上に建物内部のつくりが気になって、日ごろ訪れる施設でもやたら天井を見上げたり、壁を触ったり、壁と床との取り合いに見入ったりしています◎
最近、自然災害が大規模化していることから、身近でできる防災とともに建物内部の地震対策にも興味があります。
例えば、地震発生時には壁や柱の近くが実は危険かもしれないことを、皆さんはご存知でしたか?

建物内部の地震対策、避難や避難所の環境に関すること、企業の取り組みから身近な防災まで、私が知っておきたい!と思ったことを専門知識を持った方にレポートし、皆さんにお届けします✎